京都貸切観光バス予約センター >主な観光名所>哲学の道

哲学の道

熊野若王子神社前から銀閣寺にかけては桜並木が美しく「哲学の道」と呼ばれ、
京都を代表する散策コースとなっています。
西田幾多郎や田辺元など京都学派と呼ばれる哲学者達が
思索に深けりながら歩いていたことから「思索の小路」と名付けられ、
それが何時の頃からか「哲学の道」と呼ばれるようになりました。
約1.5㎞にわたって植えられた約450本の桜の木の間に、
ユキヤナギが程良く混じり、ピンクと白の絶妙の配剤は、見事です。
また、桜の季節以外でも、初夏の新緑、真夏の深い木陰、秋は紅葉、
そして冬の雪景色と、一年を通して素晴らしく、「日本の道百選」にも選ばれています。
途中には小意気な茶店などが所々にあり、
ゆっくりと休んで京の味を楽しむのも一興です。

2012年4月12日桜
桜 桜

桜

主な観光名所