八坂神社

かつての社名から祇園さんの愛称で呼ばれています。
7月の祇園祭(祇園会)で知られ、ほかに特殊神事として
白朮(をけら)祭がある。旧社格は官幣大社。
中世には二十二社の下八社のひとつとされた。
祇園さんといえばここのことで、四条鴨川から東に
少し歩いていけば大きな朱塗りの西楼門と
石段が目に飛び込んできます。
「をけら詣」は京都のお正月を代表する風物詩で、
大晦日の夜を徹して焚かれる「をけら木」から移した
火を消さないように火縄をくるくると回しながら
持ち帰って神棚の灯明に灯したり、雑煮を炊く
火に用いるなどして新年を祝います。

社寺