東福寺

京都市東山区本町十五丁目にある臨済宗東福寺派大本山の寺院。
山号は慧日山(えにちさん)。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は、
九条道家、開山(初代住職)は聖一国師円爾(しょういちこくしえんに)。
京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えました。
明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25か寺の塔頭
(たっちゅう、山内寺院)を有する大寺院です。
境内の中ほどは渓谷となって「通天橋」ほか2つの橋廊が
架け渡されており、京都屈指の紅葉の名所として有名です。

社寺