祇園祭

7月1日(日)~31日(火)
コンコンチキチキン、コンチキチン…と町中を包む祇園囃子。7月の京都は祇園祭一色です。
祇園祭」は八坂神社のお祭りで、日本三大祭のひとつ。その悠久の歴史、豪華さ、
祭事が1ヶ月にもわたる規模の大きさでも広く知られ、京の町衆の祭として
発達してきました。日本の夏の祭りの代表ともいわれています。
祭の始まりは、およそ1100年前、日本全国の国の数の矛66本を立てて、
疫病退散のために祇園御霊会を行ったのがはじまりと伝えられています。
祭は7月1日の吉府入から31日の疫神社夏越祭まで続き、実に多彩な神事・行事が催されます。都大路・小路に山鉾が立ち始めると祇園囃子にも熱が入り、賑わいます。
ハイライトは17日に行われる33基の山鉾巡行。山鉾のうち29基は、重要有形民俗文化財
に指定されていて、美しい綴織、絨毯、タペストリ-などの美術品で飾られた、
まさに屋外移動美術館。

鉾建・山建

7月10日(火)~14日(土)
この日から、鉾の組立が各鉾町で始まります。
釘1本使わず、全て縄がらみの伝統技法で組み立てられるのは見事で
見ものの一つでもあります。

山鉾引き初め

7月12日(木)・13日(金)
山鉾の組立が完了すると、鉾は祇園囃子を奏でながら、町内の試し曳きが始まり
山も町内の人によりかつがれます。一般の人も山鉾によっては自由に参加できます。

宵山

14日(土)~16日(月・祝)
夕刻から四条通などは歩行者天国となり、各山鉾町では、山や鉾を豪華に飾りつけ
駒形提灯に明かりが灯されます。通りには屋台も連なり、笛や鉦で祇園囃子が奏でられ
祇園祭」の風情は最高潮の時を迎えます。
四条通と室町通が交差するあたりは「鉾の辻」と呼ばれ、四方向に鉾が見渡せます。
ちまきや縁起物を求めると鉾に登ることができるのは月鉾・菊水鉾などです。
16日23時頃、南観音山では、観音像をかついで町内を回る、迫力ある「あばれ観音」
が行われます。完全復興が待たれる大船鉾は、お飾り場を見ることができます。
歩行者天国 18時~23時(予定)
14日は四条通の河原町~堀川間。15・16日は四条通の八坂神社~堀川間が歩行者天国
となります。内容は変更の場合があります。

山鉾巡行

7月17日(火)9時巡行開始
五階建てのビルの高さほどもある山鉾が通りをゆく巡行は壮観で絢爛。
まさに祭のハイライト。山鉾は午前9時、四条烏丸を出発。巡行順を確認する「くじ改め」
のあと、先頭をゆく長刀(なぎなた)鉾(ぼこ)の稚児が注連縄(しめなわ)を太刀で切り落とす「注連縄(しめなわ)切り」で巡行の幕が上がります。豪快な「辻回し」(方向転換)は四条河原町、河原町御池、御池新町にて
行われます。数々の見せ場をつくり、コンチキチンの祇園囃子が夏空に響き、山あり、
鉾あり…と続きます。
今年は大船鉾が神面を木製の空櫃に納め、担いで都大路を進む唐櫃巡行の形で復興します。
(御池通には全席指定の有料観覧席が設けられます)

神幸祭・還幸祭

八坂神社・御旅所 7月17日(火)24日(火)
17日に八坂神社の神霊が遷された三基の神輿が、四条寺町の御旅所まで渡御します。
18時頃、ご神宝捧持の行列を先頭に発輿。24日には神輿が八坂神社へと戻ります。
21時頃から順次、神社へ到着した神輿は、舞殿を右回りに3周し、神輿を舞殿に上げ
神霊遷しをします。

花傘巡行

八坂神社 7月24日(火)午前10時~
花傘は、山鉾の古い形態を現代に再現したものです。
四つの花街の芸妓舞妓をはじめ、六斎、祇園囃子の曳山など総勢千人の行列が京の町を
練り歩きます。
巡行順路 祇園石段下(八坂神社)→四条河原町→御池通→寺町通→四条通→東大路通→
神幸通→八坂神社

屏風祭

山鉾町有志の町屋・お店
7月14日(土)~16日(月・祝)
「屏風祭」とも言われる宵山。山鉾町の旧家では表の格子をはずして、秘蔵の屏風など
を飾り付けた座敷を開放する「屏風飾り」が行われ、宵山の楽しみの一つです。
新町、室町、油小路、六角通などを歩けば、思いもかけない所で屏風祭を見られ
期間中は、燈籠の灯りなどで演出された京町屋の夜の情緒も楽しめます。
季節毎の観光情報