FrontPage京都の社寺天龍寺

見どころ

臨済宗天龍寺派大本山。京都五山の第一位であるこの寺は、
霊亀山天龍資聖禅寺(れいぎざんてんりゅうしせいぜんじ)といい、1239(暦応2)年に吉野で崩御された後醍醐天皇を慰めるために、
足利尊氏が夢窓国師を開山として、嵐山を背景とする亀山離宮を禅寺にあらためたのがはじまりです。
その塔頭は150余りを数えたといわれます。
昔は後嵯峨上皇の仙洞御所・亀山殿が営まれており、後醍醐天皇はここで幼少期を過ごしました。
夢窓国師は長く中絶していた中国との貿易を再開して、その利益をこの寺の建立資金としました。
この造天龍寺船による貿易事業は、その後も室町時代を通じて行われ、
わが国の経済や文化に寄与するところが多くありました。
創建以来650余年、その間8度も兵火にあい殆ど古建築は残念ながらありません。
現代の堂宇の多くが明治期の再建です。
夢窓国師による「曹源池(そうげんち)庭園」は嵐山、亀山などを巧みに取り入れた
借景四季庭園として、国の史跡・特別名勝第一号に指定、廻遊式庭園としても最も古いです。
昔は嵐山全体が天龍寺の境内だったそうです。
「平成の雲龍図」、平成9年(1997年)加山又造画伯によって法堂(非公開)の天井に描かれました。
拝観時間 8:30 ~ 17:30 閉門時間の30分前拝観終了:11月~3月は17:00閉門
参拝料:庭園(曹源池・百花苑)
高校生以上:500円
小・中学生:300円
未就学児 :無料

2014年7月更新
2014-07-11tenryuuji (1) 2014-07-11tenryuuji (2)

2014-07-11tenryuuji (4) 2014-07-11tenryuuji (3)

場所

京都府京都市右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

京都の社寺