三千院

三千院は、また梶井(かじい)門跡と呼ばれ、古くは東坂本に里坊がありましたが、
中世以降、大原魚山の来迎院(らいごういん)、勝林院、往生極楽院などの
寺々を管理するために大原に政所(まんどころ)を設けたのが前身です。
明治になって三千院と公称するようになりました。
比叡山延暦寺を開かれた伝教大師が、東塔南谷に草庵を開いたのに始まり、
その後寺地は時代の流れの中で、京都市中を幾たびか移転しました。
その都度呼び名も変え、特に応仁の乱後、梶井宮の政所であった現在の地を
一時(いちじ)仮(かり)御殿(ごてん)とされたのでしたが、
明治維新までは御所の東、河原町御車小路梶井町(現・府立病院)に御殿を
構えておりました。
元永元年(1118年)堀川天皇第二皇子・最雲法(さいくもほう)親王が
梶井宮に入室され梨本の正統を継がれて以来、
皇族出身者が住持する宮(みや)門跡(もんぜき)となりました。
妙法院(みょうほういん)、青(せい)蓮院(れんいん)、曼殊院(まんこといん)、
毘沙門堂(びしゃもんどう)とともに天台宗五箇室(しつ)門跡(もんぜき)の
ひとつとして歴代の天台座主を輩出してきました。

およそ二六〇〇平方米の境内には往生極楽院をはじめ、
本尊薬師如来(秘仏)・救世観音・不動明王(伝・慈覚大師作)を祀る
宸殿、明治画壇に活躍した下村観山・鈴木松年・竹内栖鳳・
望月玉泉・今尾景年・菊池芳文などの襖絵がある客殿、
そして客殿の前には江戸初期の茶人として有名な金森宗和が
手がけたと言われる池泉鑑賞式の庭園・聚碧園、宸殿前の庭園・
有清園があり、四季折々の景観を楽しむことが出来ます。

お庭 お庭

お庭

京都の社寺