二条城

二条城は、慶長8年(1603年)、徳川将軍家康が、京都御所の守護と将軍上洛のときの
宿泊所として造営し、3代将軍家光により、伏見城の遺構を移すなどして、寛永3年(1626年)に完成したものです。
豊臣秀吉の残した文禄年間の遺構と家康が建てた慶長年間の建築と家光がつくらせた絵画・彫刻などが
総合されて、いわゆる桃山時代様式の全貌を垣間見ることができます。

徳川家の栄枯盛衰のみならず、日本の歴史の移り変わりを見守ってきたお城です。
【二条城】御門 【二条城】鐘楼

【二条城】清涼園 s【二条城】城内

京都の社寺