仁和寺(にんなじ)

右京区御室大内33
電話:461-1155
FAX:464-4070
料金:大人500円、高校500円、中学300円、小学300円
時間:9:0O~17:0O 12月~2月16:30まで
真言宗御室派の総本山で、御室御所とも呼ばれた。
茶室の遼廓亭・飛濤亭は重要文化財。
裏山には御室八十八ヶ所の小祠もある。また遅咲きの御室桜も有名。

「御室御所」の名の通り、代々法親王が住持した。
明治時代に至るまで、皇子や皇族が歴代の門跡(住職)を務めた。明治維新以降は、仁和寺の門跡に皇族が就かなくなったこともあり、「旧御室御所」と称するようになった。

この寺を完成させた宇多天皇には、真夏に「雪見がしたい!」と衣笠山を白布で覆わせたという大物らしい伝説も残る。
宇多天皇(うだてんのう、867年- 931年は、日本の第59代天皇。

平安貴族も桜会を催した仁和寺の御室桜は京都一の遅咲きで、高さ3Mほどとその低さが特徴です。

寺紋も桜で、桜のモチーフの意匠があちこちに見られます。

仁和寺の歴史は仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって鎮護国家・仏法の興隆を図るため
「西山御願寺」(にしやまごがんじ)という一寺の建立を発願されたことに始まります。
しかし光孝天皇は志なかばにして崩御せられ、
次の第59代宇多天皇が仁和4年(888年)に完成されました。
西山御願寺は先帝から受け継がれた「仁和」の年号をもって仁和寺(にんなじ)と呼ばれるようになります。
宇多天皇が仁和寺第1世門跡宇多法皇となり入山されてからは、
江戸時代終わりまで皇室出身者が代々門跡を務める事となります。

しかし応仁元年(1467)に始まった「応仁の乱」によって
仁和寺は一山ことごとく兵火で焼失するという悲運に見舞われました。
応仁の乱から約150年後の江戸時代に入ると、
徳川幕府3代将軍家光が復興援助し、
現在の仁和寺が再興されました。

2014年7月更新

仁和寺 仁和寺 仁和寺

京都の社寺