相国寺

禅宗寺院の一つで臨済宗相国寺派大本山の寺院である。
山号を萬年山(万年山)と称し、正式名称を萬年相国承天禅寺
(万年相国承天禅寺、まんねんざん しょうこくじょうてんぜんじ)といいます。

本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利義満、開山(初代住職)は夢窓疎石です。

足利将軍家や伏見宮家および桂宮家ゆかりの禅寺であり、
京都五山の第2位に列せられています。
相国寺は五山文学の中心地であり、画僧の周文や雪舟は相国寺の出身です。
また、京都の観光名所として著名な鹿苑寺(金閣寺)、
慈照寺(銀閣寺)は、相国寺の境外塔頭(けいがいたっちゅう)であす。

室町幕府3代将軍・足利義満は、いわゆる「花の御所」の隣接地に
一大禅宗伽藍を建立することを永徳2年(1382年)に発願。
竣工したのは10年後の明徳3年(1392年)でした。
義満は、禅の師であった天龍寺の春屋妙葩(しゅんおくみょうは
、1311- 1388年)に開山(初代住職)となることを要請したが、
春屋はこれを固辞。春屋の伯父であり師である高僧・夢窓疎石
(1275- 1351年)を開山とするなら、自分は喜んで第2世住職になる、
という条件でようやく引き受けました。
足利義満が伽藍建立を発願する30年以上前に死去している夢窓疎石が
開山とされているのは、このような事情によります。
春屋妙葩も相国寺伽藍の完成を見ずに嘉慶2年(1388年)没しています。

相国寺は京都最大の禅宗寺院のひとつとして、また、
五山文学の中心地として栄えましたが、たびたび火災に見舞われました。
伽藍完成から2年後の応永元年(1394年)に全焼。
義満による七重大塔も数年で焼失したが、七重大塔は全高(尖塔高)
109.1m(360尺。比較資料:1 E2 m)を誇り、史上最も高かった
日本様式の仏塔です。
昭和4年(1929年)の依佐美送信所鉄塔(250m)竣工までのおよそ530年間、
高さ歴代日本一の記録は破られませんでした。
足利義満没後の応永32年(1425年)に再度全焼しています。
応仁元年(1467年)には相国寺が応仁の乱の細川方の陣地となったあおりで焼失。
天文20年(1551年)にも管領細川家と三好家の争いに巻き込まれて焼失。
ここまでで都合4回焼失しています。
天正12年(1584年)、相国寺の中興の祖とされる西笑承兌
(せいしょうじょうたい)が住職となり、復興を進めました。
現存する法堂(はっとう)はこの時期に建立されたものです。
その後も元和6年(1620年)に火災があり、天明8年(1788年)
の「天明の大火」で法堂以外のほとんどの堂宇を焼失しました。
現存の伽藍の大部分は19世紀はじめの文化年間の再建です。

禅宗の法堂の天井にはよく龍が画かれています。龍は仏法を守護する空想上の瑞獣でその長を龍王、龍神などと称し、八部衆の一つに数えられています。
 慶長10年(1605)相国寺の法堂が五建された際、狩野光信によって画かれた本図は、円相内にその全容をくっきりとえがき出されていて、彩色も実に綺麗に残っています。円相外に雲が画かれていたのですが剥落し、今は僅しか残っていません。日本美術史研究上必要な文献として知られる「本朝画史」の編者、狩野永納(1631~97)は本図を狩野光信(1565~1608)筆としています。無款ではあるがまさしく光信筆であります。
 筆者光信は、狩野永徳の長男として生まれ、父とともに信長、秀吉に仕え、父永徳なきあとは狩野一派の棟梁として一門をひきいて秀吉に仕え、知行百石を賜わっています。豊臣秀頼の再建になる法堂の龍を画くのは光信をおいては他にないはずです。光信はこれを画き上げた三年後に歿しており、本図は光信にとって最後の大きな仕事となりました。光信が精根こめて画き上げたこの龍が、現在最古の法堂を守り、相国寺の法幢を守っているのです。
 またこれは、堂内中央付近で手をたたくと、天井に反響してカラカラという音が返ってくるので、一名「鳴き龍」ともよばれます。

京都の社寺