西本願寺

浄土真宗本願寺派の本山。正式名称は「龍谷山 本願寺」。
真宗大谷派の本山である「東本願寺」(正式名称「真宗本廟」)と区別する為、通称で呼ばれる。
世界遺産にも登録されている。
本願寺住職が浄土真宗本願寺派の門主となる。
2011年4/9より2012年1/16まで、本願寺御影堂にて親鸞聖人750回大遠忌法要が行われる。
境内には桃山文化を代表する建造物や庭園が数多く残されている。
建物の配置と構造は真宗建築の典型で、親鸞聖人像が安置されている御影堂(ごえいどう)が、北隣の本堂(阿弥陀堂)よりも大きく造られている。
寛永13年(1636年)に建立された御影堂は、「寛政の大修復」寛政12年(1800年)及び「平成大修復」(1999年 - 2008年12月)と2回の大修復を経ている。
幕末には新撰組の本拠地ともなった。
本願寺は、宗祖親鸞聖人によって開かれた浄土真宗本願寺派の本山で、当初、聖人の廟所(墓地)のあった京都東山に創建された。その後、各地に寺基を移したが、天正19年(1591)豊臣秀吉により寺地寄進を受けて現在地へ移ってきた。伽藍は移転後直ちに整えられ、寛永10年(1633)頃にはほぼ今日に近い姿となりました。

京都の社寺