赤山禅院

 比叡山延暦寺の別院。 創建は仁和四年(888年)。
円仁(慈覚大師)は入唐して大陸登州の赤山法華院に一時身をおきました。
帰朝して日本に赤山禅院の建立を思い立ったが、果たせず、
遺言で弟子の安慧が仁和四年に赤山明神(唐名で泰山府君)を
この地に勧請、比叡山東の日吉社とともに天台の鎮守としました。

鬼門を守る。
  (赤山大明神)というのは陰陽道の神様。つまりは、神様を祀っている。
それでは、ここは神社かというと、比叡山延暦寺の別院。
そもそも、慈覚大師円仁が中国は唐は赤山法華院で修行したことに起源を持っている。
慈覚大師は帰国後に日本にも赤山禅院を建立しようとし、その意思を受け継いで弟子の安慧が仁和4(888)年に勧請したのが赤山禅院
このように由来からすると、赤山禅院は神社というよりは寺院ということになる。

 ここは京の表鬼門で方除けの神として信仰も篤かった。また陰陽道の祖神の流行もあり、疫病・災除けの神としても崇敬された。
京の盆の五山の送り火の大文字はこの慈覚大師の遺徳をしのんだものとされる。

本殿
  近世には商売擁護の神としての信仰を集め、懸寄神(かけよせ)とも称された。俗に五日払いと云って五日を懸取日とする商慣習が始まったのは、赤山社の賽日(さいび)が五日であるのにちなむ。この日に参詣して集金すればよく集まると伝わる。
 大陸から渡来した赤山明神が掛け売りの神として日本で信仰されて長い歴史を持つのだが、大陸では掛け売りの風習はない。

 都七福神の福禄寿神を祀る。
紅葉が大変美しく、参道はもみじのトンネルになります。
また、ここには寒桜があり、紅葉と桜が同時に楽しめます。

京都の社寺