銀閣寺

正式名は東山慈照寺。山号は東山(とうざん)。
開基(創立者)は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は夢窓疎石とされています。
夢窓疎石は実際には当寺創建より1世紀ほど前の人物であり、
このような例を勧請開山といいます。

室町幕府8代将軍足利義政は、1473年(文明5年)、嗣子足利義尚に将軍職を譲り、
1482年(文明14年)から、東山の月待山麓に東山山荘(東山殿)の造営を始めました。

当時は応仁の乱が終わった直後で、京都の経済は疲弊していましたが、
義政は庶民に段銭(臨時の税)や夫役(ぶやく、労役)を課して東山殿の造営を進め、
書画や茶の湯に親しむ風流な生活を送っていました。
足利義政が鹿苑寺の金閣舎利殿を模して造営した楼閣建築である観音殿は「銀閣」、
観音殿を含めた寺院全体は「銀閣寺」として知られ手います。

1490年(延徳2年)2月、同年に死去した義政の菩提を弔うため東山殿を寺に改め、
相国寺の末寺として創始されたのが慈照寺です。

総門から中門まで長さ約50メートルの参道。銀閣寺垣と呼ばれる
竹垣で囲まれた細長い空間は、これから始まる壮大なドラマの序章です。
本来は防御をかねた外界との区切りとして設けられたと思われますが、
その厳粛で人工的な空間は我々の雑念を消し去ってくれます。
それは喧噪の現代に生きる我々と、東山殿に現出しようとした
浄土世界をつなぐプロローグでもあります。

方丈前には白砂を段形に盛り上げた銀沙灘や円錐台形の向月台があります。
銀沙灘は月の光を反射させるためとか、向月台はこの上に坐って東山に昇る月を
待ったものだとかの俗説がありますが、これら二つの砂盛りも室町時代までは
とうてい溯り得ず、近世以後の発想ではないかと思われます。

画像の説明 画像の説明 画像の説明
京都の社寺