大徳寺

臨済宗大徳寺派の総本山です。
豊臣秀吉が織田信長の葬儀を行ったところで、千利休が山門の楼上に自分の木像を置いたため秀吉に切腹を命じられたことで知られています。

国宝・重要文化財の建物が立つ大伽藍は、戦国大名らが寄進したものです。
庭園と和尚の案内で知られる大仙院、秀吉・家康対局の碁盤を所有する龍源院、
キリシタン大名の大友宗麟創建の瑞峰院、細川忠興とガラシャ夫人の墓がある高桐院の4塔頭が拝観できます。

1319年大燈国師が創立し、応仁の乱で消失した後、一休禅師が復興させたということです。牧渓筆観音猿鶴図、大燈国師像等の国宝、重文が多く所蔵されています。
寺域がきれいに整備されており、石畳脇の松並木、苔が非常にきれいです。

西陣よもやま話