コラム オススメ京都の南定番コース

(伏見酒蔵・伏見稲荷や東福寺など定番京都旅行!約3時間コース)

伏見酒蔵 → 伏見稲荷大社 → 東福寺

今日は伏見初めてというさとを連れて下見。
京都駅から油小路通りをまっすぐ南へ5キロほどでしょうか、
大手筋を東へ入ると酒蔵街が見えてきます。
【伏見酒蔵 】

とよ:大手筋通りを曲がって、ほら橋の向こうに木造の酒蔵が見えてきた。
あれは松本酒造さん。こないだ金閣寺に行ったとき金箔入りのお酒を販売してたのはここだよ。
ここは、「桃の滴」が有名だな、甘口のお酒で飲みやすい。
さと:伏見のお酒ってどのくらい種類あるんですか?
とよ:組合加盟の酒蔵は確か24だったと思うよ。
有名な銘柄は、黄桜、月桂冠、キンシ正宗、松竹梅、玉乃光とかだな。
さと:黄桜、月桂冠、松竹梅なんかはテレビでCMもしてましたよね。
大企業ですね。
とよ:松竹梅は宝酒造(株)なんだが、
今やタカラバイオの方が有名なくらいで、
酒造メーカー各社、お酒だけでなく、酵母を利用したバイオ化学にも力を入れているらしいよ。
さと:へー、すごいですね。
とよ:この辺りはそれ以外にも寺田屋騒動や坂本竜馬襲撃事件で有名な寺田屋もある。
この辺りは、今は住宅街だけど、その当時は港だったんだ。
さと:港って、京都市内じゃないですか?海は無いですよ。
とよ:大阪湾から淀川を上がって、この辺りは巨椋池という大きな池だったんだ。
で、そこに伏見港という港を作ったのが豊臣秀吉。
京都と大阪を結ぶ水運の拠点として栄えたとのことだ。
さと:へー、京都にも港があったんですね。
とよ:竹田街道を南へ少し行って、ちょっと曲がると、ほら、
坂本竜馬の碑があり、寺田屋!
もう少し行くとさっき言ってた黄桜!
ここは昔使っていた蔵の見学ができて、道向こうへいくと「黄桜かっぱカントリー」
ってレストランもある。
昔見た懐かしいカッパのちょっとエッチなCMも流れているよ。
さと:へー、行ってみましょう!
とよ:まー、まずはもう少し行ったところに月桂冠大倉記念館があるからそっちに行こう。
歩いても行けるくらいの距離だよ。
ほら、ここ、ここ。
さと:これまた風情がる建物ですね。
とよ:個々の酒造見学は有料(300円)だけど、
お土産付きの利き酒もできるからお得なんだ。
さと:さすが先輩、細かいところまで押えてますね。
とよ:ここらで昼食なら、
鳥料理がおいしい「鳥せい」か、さっきも言った「黄桜かっぱカントリー」が
予約もできて、雰囲気あるんじゃないかな。
さと:もうお昼にしますか?
とよ:まだ早いよ!
次行くよ。

【伏見稲荷大社】

酒蔵街から伏見稲荷までは15分~20分。
師団街道にて、
とよ:バスで来るとここに駐車場があるからここから歩くことになる。
タクシーや乗用車は稲荷大社の中の駐車場までは入れる。
但し、毎月1日は要注意!
月参りの人が多いので、駐車場は混み合うので、入らせてもらえないこともあるぞ。
1日は近くのコインパーキングも料金が割高になるんで、
お客様にはあらかじめ了承しといてもらわないとね。
さと:1日はそんなに多いんですか?
気を付けないといけないですね。
とよ:ま、1日でなくても
トリップアドバイザー(世界最大の旅行口コミサイト)で
外国人に人気の日本の観光スポット2014日本国内で第1位になったくらい
外国の方の観光もすごい増えたよ。
赤い鳥居や社殿も綺麗になったし、千本鳥居なんかは海外の方にも分かりやすい
というか目立ちやすいんじゃないかな?
さと:パワースポットって感じですもんね。
僕も初めてですが、感動しました!
とよ:ここ奥社までの道が通常よくいう千本鳥居だな、
ここからはお山って言って、一山回るコースになる。
約2キロ、2・3時間のコースだ。
ここからはあまり観光の人は行かないね。
さと:ひえー、僕たちもここまでにしときましょう!
とよ:言うと思ったよ。
ま、駐車場から奥社まで往復で約40分、バス駐車場なら1時間コースだから
これ以上行くこともないだろう。
奥社の裏には「おもかる石」もある。
この灯籠の前で願い事を祈念して、石灯籠の空輪(頭)を持ち上げて
持ち上げた時、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶うし、
重ければ叶わないといわれている。
さと:以外に軽いですね。
とよ:なに願った?
さと:いやー、早く昼食をと…。
とよ:・・・。

【東福寺】
伏見稲荷大社から東福寺までは車で5分。
こちらはバス駐車場はなく、前の道もバスは通行できない為、
バスの場合は少し離れた道での乗降になり、
そこから歩いて10~15分程度かかります。
とよ:ここがもみじで有名な東福寺だ。
スケールの大きさを奈良の東大寺に、華やかさを興福寺になぞらえて
それぞれから一文字づつとって名付けたのは有名な話。
京都では紅葉といえば、永観堂とここ東福寺がとくに有名で、
ここは約2千本といわれる楓におおわれている。
特に通天橋という橋から見る紅葉は最高だね。

さと:じゃ紅葉の季節だけですか?
とよ:あまりにも紅葉が有名なので、そう思いがちなんだが、
それだけではない。
ここにはほら、南側に立派な三門があるだろ、あれは国宝。
それ以外の境内の建築物も室町期以来の物がい多いし、
通天橋を渡っていくと開山堂がある。ここの前のお庭も見事だし、
砂も綺麗に市松模様に掃除されている。
市松模様といえば、方丈庭園。
ちょうど今年2014年に国指定名勝に登録され、本坊庭園というらしいんだが、
ここは昭和の名作庭家・重森三玲の手がけた庭で、市松模様の苔と石がキレイなんだ。

さと:色々みどころあるんですね。
とよ:紅葉シーズンもお勧めだけど、新緑の季節のもみじも良いし、
それ以外にもいま言ったような見どころがあるから是非お客様にはお勧めしたいね。
さと:これが本坊庭園ですか、確かに美しいですね。

おすすめの記事