コラム オススメ京都の八幡・宇治コース

(石清水八幡宮・平等院など約5時間コース)

背割堤 → 石清水八幡宮 → 萬福寺 → 平等院

桜のシーズンを想定し、背割堤を入れています。
あじさいのシーズンなら、
石清水八幡宮 → 三室戸寺 → 萬福寺 → 平等院
がオススメです。
京都駅から背割堤までは車で約50分。
【背割堤】
背割堤
さと: 1号線の久御山って阪神高速京都線ができてからはずいぶん来てないです。
背割堤って河川公園なんですよね、そんなにすごいんですか?
とよ:まーもう少し行ったら判るよ。
到着!ここ、木津川と宇治川と桂川とが合流する地点なんだ。
さと:何もないじゃないですか!
とよ:今は冬だからわからないだろうけど、ほらこの写真見てみ。
さと:おおっ!
すごい桜並木ですね!
とよ:約250本のソメイヨシノが1.4キロに渡って咲き、
外から見ると花の壁、中から見ると花のトンネルになるんだよ。
桜の期間中、駐車場は橋を渡ったところになる。
ちょっと離れた所での乗降になってしまうが、
見ごたえあるからオススメだよ。
ここから石清水八幡宮はもう見えているあの男山の上なんだ。
【石清水八幡宮】
とよ:石清水八幡宮へは、ここの下の駐車場で降りて、
男山ケーブルで行こう。往復400円で上まで上がれて楽できる。
さと:いいですね!
とよ:平成30年まで平成の大修造を行っているけど、
本殿などはもう終わり綺麗な姿が見れる。
さと:大きいとは思いますが、一山持っている神社は他にも色々ありますし、
何か特別なものがあるようには思えませんが…。
とよ:ここ石清水八幡宮は全国に約44,000社ある八幡宮を司る日本三大八幡の一つなんだ。
全国屈指の厄除の神社としても有名で毎年厄年の人を中心に多くの参拝者が訪れるんだ。
さと:へー、京都市内から離れてもすごい神社があるんですね。
【萬福寺】
石清水八幡宮から萬福寺までは京滋バイパスを利用し約30分。
さと:なんかここ、見た感じが中国っぽいですね。
とよ:そうそうここ萬福寺は中国のお坊さんが開祖なんだ。
なもんで、ちょっと変わった中国風の精進料理「普茶料理」が味わえる。
珍しくていいだろ。
さと:なるほど、ちょうど昼食時間でいいですね。
とよ:ここは他にも布袋さんが有名だよ。
さと:おおっ、ご利益ありそう!
とよ:黄檗宗の大本山なので、ま、昼食も含めゆっくりして行こう。
さと:そういえば、前の道が狭かったですが、バスなんかはどうするんですか?
とよ:あ、そうそう、バスは向かって右側にバス駐車場があるよ。
表に回るには少し歩く感じになる。
さと:そこも後で下見しとこっと。
とよ:今日は仕事モードだね。
さと:普茶料理のおかげです。
【平等院】
萬福寺から平等院へは車で20分ほど。
平等院鳳凰堂
さと:とよさん、鳥居が見えてきましたよ。
あれ?平等院ってお寺ですよね?
なんで鳥居?
とよ:あれは平等院の近くの神社の鳥居だよ。
乗用車ならこの辺のコインパーキングに停めると
表参道のお土産物屋さんを見ながら正門から入れて良いんだが、
今回は下見なんでバス駐車場がある平等院の南へ回ろう。
とよ:こっちにも入り口があり、歩く距離としてはこちらの方が短くて済む。
土産物屋さんが無いわけでもないし、こっちの駐車場を利用する乗用車も多いよ。
さと:近いのでいいですね。
とよ:ここ1年半ほど鳳凰堂の修復工事があったので観光に来る機会も少なかったけど、
26年4月1日から拝観が再開されてまた賑わってきたな。
さと:平等院ってミュージアムがあるんですね。
とよ:そうそう、これが見どころの一つなんだ。
ま、先に鳳凰堂へ行ってみよう。
鳳凰堂の内部見学にはこちら、
鳳凰堂に向かって右側に受付があるからここで予約を入れて、
別途300円が必要だけど折角だからお客様に進めた方が良いよ。
入場制限があるんで、待ち時間が1時間ほどになることもある。
だからこそ、先にこっちに来て予約して、
それから時間があれば先にミュージアムへ行くのがいいよ。
さと:なるほど、予約状況によりどう回るかを変えるんですね。
とよ:内部見学では詳しい説明もしてもらえるので値打ちがある。
とよ:正面に来てみて、
10円玉に描いてあるのと同じだろ。
池に浮かんでいるように見せる工夫もされている。
これは鳳凰堂が極楽浄土を表してるので、宇宙に浮かんでるように見せているといわれている。
さと:深いですね。
とよ:じゃ、ミュージアムに行こう。
ここの見どころは俺的には入って少し行ったところのビデオ上映、
往時の鮮やかな色彩を再現してくれるのがすばらしい。
それと、奥に行くと鳳凰堂の鳳凰がある。
これ、1万円札見てみ、この鳳凰が描かれているんだ。
さと:えっ、なんでこの鳳凰とわかるんですか?
とよ:よく見ると羽や取り付けの穴の位置などもわかるよ。
さと:ホント!
とよ:まだまだ、先に行くと
鳳凰堂の内部を往時の姿に再現した部屋や、雲中供養菩薩の実物がまじかで見れたり、
盛りだくさんなので、ゆっくり時間を取りたいところだね。
さと:キレイな施設で見ごたえもありますね。
好きな人なら1時間でも見てそうですね。
とよ:1000年の歴史があるからな、すごいよな。
さてここで問題です。
平等院の宗派は何でしょうか?
さと:えっ、そういえばどこにも○○宗とか本山とかなんとか書いてないですね。
極楽浄土を表してるんだから浄土宗じゃないですか?
とよ:さっき、鳳凰堂の後ろを回った時にお寺が2つあったの気が付いた?
浄土院と最勝院。
浄土院が浄土宗で、最勝院は天台宗、この2つは平等院の塔頭ということだが、
この2か寺を含めて平等院だから宗派は2つあることになる。
さと:えー!
そんなのありですか?
とよ:極楽浄土もちょっぴり複雑だね。

番外編
【三室戸寺】
三室戸寺
あじさい園が有名なお寺です。
約1万株のあじさいは
6月から7月前半までが見ごろ。
あじさい以外にもハスも綺麗です。
また、
つつじ2万株、見頃はゴールデンウィークから5月半ばまで
も見ごたえあります。
寺内にはいろいろなパワースポットがありますのでそちらもお楽しみを!

おすすめの記事