宇治

平等院

見どころ 
現在の平等院の地は、9世紀末頃、光源氏のモデルとも言われる左大臣である嵯峨源氏の
源融(みなもと の とおる)が営んだ別荘だったものが宇多天皇に渡り、天皇の孫である
源重信を経て長徳4年(998年)、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となったもの。
道長没後、子の関白藤原頼通は永承7年(1052年)、宇治殿を寺院に改めた。これが平等院。
永承7年は末法初年に当たるとされ、末法思想が貴族や僧侶らの心をとらえ、
極楽往生を願う浄土信仰が社会の各層に広く流行していた。
約1000年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられ、
世界遺産にも登録されております。
平等院鳳凰堂は建築・彫刻・絵画・工芸が一体化し、国内で最も密度の高い国宝の集積空間。
【平等院ミュージアム鳳翔館】2001年開館。
【鳳凰堂】:阿弥陀堂。華やかな藤原摂関時代をしのぶことのできるほとんど唯一の遺構として、
このうえなく貴重な建築です。最も大きな特徴は池の中島に建てられていることで、
あたかも極楽の宝池に浮かぶ宮殿のように、その美しい姿を水面 に映しています。
堂内の中央には金色の阿弥陀如来座像2.95m、周囲の壁および扉には九品来迎図、
阿弥陀仏の背後の壁には極楽浄土図が描かれています。
そして左右の壁の上部には52体の雲中供養菩薩像が懸けられています。
天井には計66個もの銅製鏡が吊られています。

宗派は17世紀以来天台宗と浄土宗を兼ね、現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっている。
天台宗系の最勝院(共に鳳凰堂の西側にある)浄土宗の浄土院という2つの寺院が共同で管理している。
浄土院は明応年間(1492年-1501年)、最勝院は承応3年(1654年)の創始であり、
平等院が浄土・天台両宗の共同管理となったのは、天和元年(1681年)、寺社奉行の裁定によるものである。
【十三重石塔】宇治川の中州、搭の島に建っている。1286年建立、
長い間川の中に埋もれていたのを明治41年に掘り起こした。高さ15m、
日本最大級で国の重要文化財。

ジャンボタクシーで行くと門前町の中の駐車場へ停めさせて頂き、
お土産物やお茶販売店の前を通り正門から入って行くことができます。
お抹茶のソフトクリームが美味しい!

バスですと南側のバス駐車場から南門へ行くことになります。お土産物屋さんなどがある賑やかな通りは通過しません。

場所 
京都府宇治市宇治蓮華116

萬福寺

見どころ
京都府宇治市にある黄檗宗(おうばくしゅう)大本山の寺院。
山号は黄檗山、開山は隠元隆琦(いんげんりゅうき)、本尊は釈迦如来です。
日本の近世以前の仏教各派の中では最も遅れて開宗した、黄檗宗の中心寺院で、
中国・明出身の僧隠元を開山に請じて建てられました。
建物や仏像の様式、儀式作法から精進料理に至るまで中国風で、
日本の一般的な仏教寺院とは異なった景観を有しています。

ジャンボタクシーで行くと南側の駐車場へお付けすることが多いです。
正門前にお付けして、降車頂き正門北側のコインパーキングに停めることもできます。

場所 
京都府宇治市 五ケ庄三番割34

三室戸寺

見どころ
“あじさい寺”とも称されるお寺で、例年おおよそ6月1日から7月11日までアジサイ園が開園されます。
園内には、西洋アジサイ、ガクアジサイ、柏葉アジサイのほか、幻のあじさい・七段花など30種類・1万株が咲乱れます。
8:30~16:30。大人500円

西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山です。
約1200年前(宝亀元年)、光仁天皇の勅願により、三室戸寺の奥、岩淵より出現された千手観音菩薩を御本尊として創建されました。
開創以来、天皇・貴族の崇拝を集め、堂塔伽藍が整い、霊像の霊験を求める庶民の参詣で賑わうこととなりました。
宝蔵庫には平安の昔を偲ぶ五体の重要文化財の仏像が安置されております。

場所
京都府宇治市莵道滋賀谷21

京都府南部

石清水八幡宮

見どころ 
八幡市の男山山頂にある神社。
宇佐神宮、筥崎宮とともに日本三大八幡宮のひとつに数えられています。
二十二社の上七社の一つであり、旧社格は官幣大社。
本殿などの建造物16棟等が国の重要文化財に指定されています。
859年に宇佐八幡で神託を受けた奈良の僧が神霊を「都近き岩清水男山の峰に」祀ったのがはじまりといわれ、
祭神を応神天皇とし皇室からの信仰も厚く、伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟とされています。
通常バスなどは山裾の駐車場に停めてケーブルカーで山頂を目指すことになりますが、
ジャンボタクシーなら山頂駐車場まで住宅街を抜けて上ることができます。
駐車場すぐ近くにはエジソンの記念碑もあります。
そう、ここ男山は竹林に囲まれていますが、ここの竹がエジソンのフィラメントに使われたとのことです。
色々な歴史がある男山石清水八幡宮、京都市内中心部からは約50分少々離れますが是非お立ち寄りください。

場所 京都府八幡市八幡高坊30

おすすめの記事