京都貸切観光バス予約センター >主な観光名所>勝持寺

勝持寺(しょうしじ)

(花の寺)
西京区大原野南春日町1194
電話:331-0601
FAX:331-0664
料金:大人400円、高校300円、中学300円、小学200円
時間:9:00~16:30
大原野神社の300m余り西の高台にある天台宗の勝持寺は、
天武天皇の勅によって、神変大善薩役の行者が創建したのが始まり。
西行法帥が植えたと伝えられる西行桜が有名で、約四百五十本もの桜の木があり、花の寺とも呼ばれています。
春桜・秋もみじが美しい。重文の薬師如来2体と仁王尊2体がある。
当初は大原寺といいましたが、大原野神社の神宮寺となったことから仁寿二年(852)に勝持寺と改められた。
応仁の乱で焼失し、信長などの援助により復興され、現在に至る。
西行法師はここで出家し、桜の花に魅せられて庵を結んでいたと伝え、
足利尊氏もここに宿泊し、寺の名前が気に入って大いに援助したと伝えられる。
また、豊臣秀吉の正室・北政所の甥で小浜城主であった木下勝俊は、
関ヶ原の合戦に敗れて失脚した後、長嘯子(ちょうしょうし)と称して
優れた歌人となり、この寺で晩年を過した。

仏像の説明希望の方は受付まで(住職不在の場合は不可)
2014年7月更新

主な観光名所