第37回 京の夏の旅

文化財特別公開 京の建築・庭園美 ~社家・町家・洋館と庭園~
7月7日(土)~9月30日(日) 10時~16時(受付終了)
※長江家住宅、櫻谷文庫木島櫻谷旧宅、龍谷大学大宮学舎・龍谷ミュージアム、
清水寺 成就院は期間が異なります。

伏見稲荷大社 荷田春満旧宅・お茶屋

~千本鳥居の「おいなりさん」に残る社家とお茶~
伏見稲荷大社の社家に生まれた江戸時代の歌人・国学者の荷田春満の旧宅(史跡)は、
元和元年(1615)に建てられたと伝えられ、式台付き玄関や花頭窓のある出書院、違棚を備えた書院式の建物が残っています。寛永18年(1641)に後水尾上皇より御殿の一部を拝領したお茶屋(重文)は、数奇屋造の意匠を巧みに取り入れ、宮廷好みの雰囲気を伝えます。稲荷山を背景とした回遊式庭園に佇む風雅な建物「松の下屋」では、棟方志功筆の襖絵「御牡丹図」「御鷹図」などを特別展示します。
期間:7月7日(土)~9月30日(日) 10時~16時(受付終了)
料金:800円
TEL:(752)7070 京都市観光協会

上賀茂社家 梅辻家住宅

~古式を伝える賀茂の社家~
社家のなかでも「賀茂七屋」の一つに数えられた梅辻家の建物は、江戸時代後期のものとされ、現存する賀茂七屋唯一の社家遺構。約250年前の御所の学問所を移築した書院は、黒書院造で格式を備えた意匠が見られ、入口には高貴な客人を迎える式台と別に内玄関があり、内玄関の入口は鳥居形になっているなど社家の特徴を残しています。
期間:7月7(土)日~9月30日(日) 10時~16時(受付終了)
旅金:600円
TEL:(752)7070 京都市観光協会

長江家住宅

~うなぎの寝床 鉾町に建つ京町家~
祇園祭の「船鉾」の鉾町に建つ長江家住宅は、典型的な職住一体の呉服商家の佇まいを残す京町家。文政5年(1822)、三代目の大阪屋伊助の代からこの地に住まい、江戸末期から明治・大正にかけて建てられた建物は、京都市指定有形文化財となっています。葦戸や網代など涼を感じさせる京の伝統的な夏のしつらえもご覧いただきます。
期間:7月20日(金)~9月30日(日) 10時~16時(受付終了)
※9月30日(日)午後は見学休止
料金:600円
TEL:(752)7070 京都市観光協会

櫻谷文庫 木島櫻谷旧宅

~和洋の建築美 日本画家の旧邸~
自然や動物画の名手として知られた明治から昭和前期の日本画家・木島櫻谷の旧宅。
作品製作のための画室、展示室であり、また画塾でもあった場所で、かつて画家や文化人の住まいが多く「絵描き村」と称されたこの界隈に、今も住時のまま残っている貴重な近代の名建築です。
期間:7月7日(土)~9月30日(日) 金土日祝の公開 10時~16時(受付終了)
料金:600円
TEL:(752)7070 京都市観光協会

龍谷大学大宮学舎本館・龍谷ミュージアム

~重要文化財の学校建築と仏教美術のミュージアム~
寛永16年(1639)に西本願寺が設立した教育機関「学寮」を期限とする龍谷大学大宮学舎の本館(重文)は明治12年の竣工。関西における洋風建築の先駆けとなった斬新な建物は、ヨーロッパの修道院建築を元にしたといわれ、完全な洋風建築技術が日本に定着する以前の和洋折衷の「擬洋風建築」です。
期間:8月24日(金)~9月23日(日)
※8月27日(月)、30日(木)、
9日3日(月)、9日(日)、10日(月)、18日(火)は除く10時~16時(受付終了)
料金:800円
TEL:(752)7070 京都市観光協会

清水寺 成就院

~奇石と借景が作り出す美しい「月の庭」~
成就院は世界遺産・清水寺の塔頭寺院。東山を借景とし「月の庭」と称される池泉観賞式庭園は、谷を隔てた山の中腹に灯籠を立てて遠近感を出し、階段状の刈り込みを配するなど、随所に奥行きを感じさせる工夫が凝らされています。また豊臣秀吉が寄進したという「誰が袖手水鉢」をはじめ、「烏帽子石」「蜻蛉灯籠」「手毬灯籠」などの奇石や石灯籠が巧みに配置され、見事な庭園美を構成しています。
期間:7月7日(土)~9月2日(日)10時~16時(受付終了)
料金:600円
TEL:(752)7070 京都市観光協会

旧嵯峨御所 大覚寺門跡 霊宝館

~門跡寺院に伝わる源平ゆかりの寺宝~
大覚寺は、平安時代に嵯峨天皇が営まれた離宮をお寺に改め、代々天皇や皇族が住職をつとめた格式高い門跡寺院。今回特別公開される霊宝館では、大河ドラマ「平清盛」放映に合わせて「平家物語と嵯峨野」と題し、清盛の娘婿にあたる高倉天皇の肖像画「高倉天皇像」(重要美術品)や、源氏の刀(重文)など、源平ゆかりの寺宝が展示されます。
期間:7月7日(土)~9月30日(日) 10時~16時(受付終了)
料金:300円 ※別途大覚寺通常拝観料500円
TEL:(752)7070 京都市観光協会

下鴨神社 本殿・大炊殿

~太古の森に包まれた世界遺産の社~
世界遺産・下鴨神社は、平安期以前に創祀された京都で最も古い社の一つ。
糺の森の中に、国宝2塔、重要文化財53棟を含む社殿群が残されています。
特別参拝所からの国宝本殿参拝と、神社建築の中では非常に珍しい平安時代の様式を今に伝える神社の台所「大炊殿」(重文)を拝観できます。
期間:7月7日(土)~9月30日(日) 10時~16時(受付終了)
料金:600円
TEL:(752)7070 京都市観光協会

京都観光情報