雲林院

初め紫野院と云い淳和天皇の御離宮であった「大鏡」、「源氏物語」、「古今和歌集」等、
平安時代のほとんどの文献に登場する古刹であす。
元亨四年、敷地を宗峰妙超が賜り大徳寺を創建しました。

現在は観音堂一宇が残り、十一面千手観世音菩薩を本尊として、
大徳寺開山の大燈国師木像、中興の江西和尚の木像が安置され法燈を継いでいます。

西陣よもやま話