大徳寺

1319年大燈国師宗峰妙超禅師宗峰妙超開創。
歴代住持には一休や沢庵などの有名な禅僧がおり、
武野紹鴎・千利休ら茶人と深い関わりがありました。
1509年創建当初の建物で禅宗の方丈建築としては
最も古い遺構の一つである本堂が国宝となっている大仙院。
大友宗麟が菩提寺として創建し、独坐庭という枯山水の
名園として知られる庭園がある瑞峰院。
細川忠興(三斎)による創建で江戸初期につくられた庭に
三斎とガラシャ夫人の墓がある高桐院。
方丈を囲んでそれぞれ表情の違う見事な四つの庭園を持つ
畠山義元、大友義長らが創建した竜源院。
勅使門から山門、仏殿、法堂(いずれも重文)、方丈(国宝)と
南北に並び、その他いわゆる七堂伽藍が完備。
山門は、二階部分が、千利休居士によって増築され、
金毛閣と称し、利休居士の像を安置したことから秀吉の怒りをかい
利休居士自決の原因となったことは有名な話です。

社寺