義経祭(京都市左京区)

牛若丸、そして遮那王で知られる鞍馬寺
幼名牛若丸としても有名な源義経が七歳から約十年間、多感な少年時代をこの鞍馬寺で送りました。
源平の戦の渦中で花を咲かせ、衣川での悲しい最後。
その御霊は鞍馬寺に遮那王尊となって、護法魔王尊の脇侍として、奥の院の義経堂に祀られています。
本殿で遮那王尊の法要が営まれた後、武道等の奉納行事が行われます。

・日 時:平成23年9月15日(木) 11時~
・場 所:鞍馬寺(京都市左京区鞍馬本町1074)
・アクセス:叡山電鉄「鞍馬駅」下車、徒歩5分で仁王門
京都バス「鞍馬」下車、徒歩5分で仁王門
※仁王門から本殿まで徒歩30分、又はケーブル2分、徒歩10分
・愛 山 費:200円
・問 合 せ:075-741-2003(鞍馬寺

FrontPage